住宅ローン

CIC?JICC?KSC?信用情報とは?

CIC,JICC,KSC,信用情報,住宅ローン

住宅ローンの審査に手こずっている方だと、もしかしたら「信用情報に問題があります」と言われて、あわててネット検索したところ、このページにたどり着いたかもしれません。ただ信用情報と言われてもいまいちピンとこないですよね。今日はそんな信用情報について解説します。

信用情報とは?

信用情報とはクレジットカードの利用履歴やローンの利用履歴などに関する情報のことで、客観的な取引事実を登録した個人の情報です。過去5年間に行われたローンの利用・クレジットの利用は全て信用情報に記載され、住宅ローンはもちろん、ローン借り入れやクレジットカード作成の際には、銀行やクレジット会社は信用情報を参考にします。

過去に「返済が遅れた」「返済していない」などの履歴は全てここに残りますので、住宅ローン審査の際に申告漏れがあると銀行にバレます。銀行からの心証が下がってローン審査が通りにくくなりますので、住宅ローン審査をする際には必ず現在の借入状況は正確に申告しましょう。

借入があると言いづらいと思いますが、せめて担当営業マンや銀行担当者には正確に伝えましょう。

信用情報の種類

信用情報は「CIC」「JICC」「全国銀行個人信用情報センター(KSC)」の3種類あります。それぞれの違いとしてはいくつかあるのですが、私たちが確認しておきたいのは「加盟している企業の種類が違う」ということです。

  • CICはクレジット会社が多い
  • JICCは貸金業者が多い
  • KSCは地方銀行・ネット銀行が多い

ざっくりですが、特徴としてはこんな感じです。住宅ローン審査に不安があり、自分の信用情報がどのようになっているか確認したい場合は、借りている企業が加盟している信用情報機関を開示しましょう。

どこに加盟しているかわからない場合は全て開示し、住宅ローン審査の際に申告漏れがないように気を付けましょう。

ブラックリストの確認方法は?

「ブラックリストに載っているからお金が借りられない」なんて言葉をよく耳にしますが、ブラックリストというものは存在しません。返済が遅れた・滞ったなどの情報は全て信用情報に記載されます。クレジットカードやローンの支払いの遅延を61日もしくは3ヵ月以上していると、信用情報に「異動」という文字がつきます。これがいわゆるブラックリストに載ったという状態を表します。

CIC,JICC,KSC,信用情報

画像参照:CIC信用情報の確認

CICを例に見てみると、26番の返済状況の箇所に「異動」の文字がついています。これの文字がつくと、住宅ローンはもちろん、クレジットカードの新規作成・携帯電話本体の分割払い・車のローンの借入など全て不可能だと思ってください。

「異動」がつかないように、クレジットや借入金の返済は遅れないように気を付けましょう。

まとめ

今回は信用情報についてまとめました。ショッピングの分割払いや携帯料金の滞納など、自分の気づかないところで金融事故を起こしている可能性は誰にでもあります。住宅ローンを借りる前に、今一度自分の借入状況やクレジットの利用状況を整理しましょう。

-住宅ローン
-, ,